「ex-Workshop Trial」は、様々な学校・学科の学生を対象にすることで、多様な視点や発想を取り込んだ新しいデザインワークショップを実践的に探求する試みです。各回、GIFや403 Forbiddenのメンバーが講師を担当し、2ヶ月に1回のペースで実施してきました。これまでの参加者の所属校は、情報科学芸術大学院大学、武蔵野美術大学、日本大学、東京工芸大学、女子美術大学、信州大学です。

このプロジェクトの基本コンセプトを継承する形で、2013年6月よりから11月にかけて「メディア芸術表現基礎ワークショップ ex-Workshop」として、全6回のワークショップシリーズを実施します。