「光るイヤホンアクセサリー Pina ワークショップ -クリスマスバージョン-」



2012年12月9日(日)14:00―15:00、二子玉川ライズ カタリストBAにおいて「光るイヤホンアクセサリー Pina ワークショップ -クリスマスバージョン-」を開催しました。
参加者10名には、クリスマスバージョンのサンタとトナカイの「ぴかぴか Pinakit」からひとつを選んでもらい、解説に沿って制作してもらいました。

    

完成した「Pina」をツリーに挿して動作確認した後、実際にiPhoneアプリ「ぴかぴか Pina」と連携させて、参加者には光りかたをコントロールして使い方に慣れてもらいました。
最終的には、各自が設定したテーマに沿った光りかたのパターンを記憶させ発表しました。

12月22日(土)には、情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] が東京で開催する展覧会「一歩さがって、二歩すすむ // One Step Back, Two Steps Forward」(12月21日[金]―23日[土])において「Pina ワークショップ」を行なう予定です。内容は今回のワークショップをブラッシュアップしたものとなります。
詳細はこちらよりご覧いただけます。
ぜひご参加ください。

https://www.facebook.com/events/112787352222515/

Maker Faire Tokyo 2012 へ出展

2012年12月1日・2日に開催されたMaker Faire Tokyo 2012へ出展しました。
Maker Faire Tokyoは、これまでMake Tokyo Meeting、Make Oogaki Meetingとしてオライリージャパンが主催で行っていたものが発展したものです。
多くのMakerが参加される中、GIFも「pina」、「Clap Light」、「Magnet Surface」を出展しました。

Make Tokyo Faire GIF Booth

Make Tokyo Faire 出展の様子

Maker Faire Tokyo 2012は、開催場所が日本科学未来館となったこともあり、大変多くの方がお越し下さいました。
GIFのプロダクトを多くの方に触れて頂き、その感想や反応を頂ける大変よい機会となりました。

ex-Workshop – Trial 01「子どもたちが自分でつくれるおもちゃをデザインしよう!」


403ForbiddenとGenerative Idea Flowが(以下GIF)、IAMAS、武蔵野美術大学、東京工芸大学、日本大学芸術学部の学生を対象にワークショップ「子どもたちが自分でつくれるおもちゃをデザインしよう!」を開催しました。
100円ショップで入手した素材を使っておもちゃをデザインすることをテーマにして、最終的には子どもたちが自分で材料を手に入れてつくるために「作り方手順書」をまとめることを目標にして課題に取り組みました。

 

制作時間の設定の問題等もあり、必ずしもしっかりとした成果が出た訳ではなかったのですが、各学生の趣向を反映した様々な回答が提示されました。
課題の絞込みや時間配分の設定等の改善を行いながら、将来的には「作り方」の共有を前提にしたデザインというものを考えていくきっかけになるようなワークショップに発展させていきたいと考えています。

このワークショップは、様々な学校・学科の学生を対象にすることで、多様な視点や発想を取り込んだ新しいデザインワークショップを実践的に探求する試みであるex-Workshopワークショップシリーズの第一回として位置づけられたものです。
第一回はIAMASをホストとして、GIFメンバーでもある赤羽が担当しています。次回のex-Workshopは、403Forbiddenメンバー古堅真彦准教授(武蔵野美術大学)の担当で来年1月に行い、その後も概ね2ヶ月に1回のペースで実施していく予定です。
ワークショップの内容は順次このページで報告していきますが、その他にもドキュメントとしてシェアしていきます。