メディア芸術表現基礎ワークショップ ex-Workshop05 「形態と機能Ⅰ ラピッド・プロトタイピング」

2013年10月12日(土)IAMASイノベーション工房[f.Labo](岐阜県大垣市)に於いて、
ex-Workshop05 「形態と機能 Ⅰ ラピッド・プロトタイピング」 を実施します。

 

第5回 形態と機能Ⅰ ラピッド・プロトタイピング

講師:蛭田直(信州大学教育学部 / Generative Idea Flow)・金箱淳一(女子美術大学芸術学部 / Generative Idea Flow)

日時:10月12日(土)10:00-

場所:IAMASイノベーション工房[f.Labo](岐阜県大垣市今宿6丁目52番地16ドリームコア1階)

人数:12名

対象:学部生

※ワークショップで使用するPCは、原則参加者ご自身でご用意いただきます。若干の貸出しPCもございますので、お持ちでない方は別途ご相談ください。

参加費:無料

 

概要: このワークショップは「防災ライト」をテーマとして、形態と機能が両立するデザインを目標に、アイデアの発想から制作までをラピッド・プロトタイピングの手法によって行います。

防災ライトは、金箱が開発を行った太陽発電による充電・発光モジュール「the blink module」を使用することで、非常時に無給電であっても明かりが得られる仕組みです。この充電・発光モジュールに傾きスイッチを組み合わせて、地震による揺れや外部の力で防災ライトが一定以上に傾いた時にスイッチが入ることを想定します。
防災ライトは、平常時に日常生活に溶け込みながらも存在を認識できる形態を、非常時にはしっかりと機能することをデザインすることが求められます。
つまり、置く場所や、充電時のスタイル、点灯を補助する形状(傾きによる点灯)、非常時の使いやすさについて考慮する必要があります。

上の条件にあった防災ライトを、アイデアスケッチから、平面図への展開、ワーキングモデルの制作という過程を、ラピッド・プロトタイピングによって実現を試みます。

簡単な電子回路を扱いますが、初心者でも問題ありません。カッター、紙やすりを使用したことがあればどなたでも参加が可能です。

 

exWS06 サンプルイメージ01exWS06 サンプルイメージ02

防災ライトは、地震などの非常時に明かりを提供する照明器具です。平常時には日常生活に溶け込みながらも存在を認識できる形状が必要で、かつ非常時にはしっかりと機能し、使用できなければなりません。平常時の美観と非常時の使用を求められる防災ライトは、形態と機能からデザインを学ぶのによいテーマです。

ワークショップでは、防災ライトのキットとして金箱が開発を行った太陽発電による充電・発光モジュール「the blink module」を使用します。

 

メディア芸術表現基礎ワークショップ ex-Workshop04 「プログラミングと運動表現」

2013年9月28日(土)403 Forbiddenに於いて、ex-Workshop04 「プログラミングと運動表現」 を実施します。

 

第4回 プログラミングと運動表現

講師:赤羽 亨(情報科学芸術大学院大学(IAMAS) / Generative Idea Flow)

日時:9月28日(土)10:00-

場所:403 Forbidden(東京都渋谷区神宮前3-38-11-403)

人数:12名

対象:学部生

※ワークショップで使用するPCは、原則参加者ご自身でご用意いただきます。若干の貸出しPCもございますので、お持ちでない方は別途ご相談ください。

参加費:無料

 

概要: このワークショップは、「Sand Clock」の仕組みをベースに、プログラミングで実現する運動表現について体験的に学ぶものです。
一般的にプログラミングというと、PCから出力される映像や音をコントロールを指すことが多いですが、このワークショップでは、PC上でのプログラミングによる物理的な運動、またそこから派生する事象をコントロールし表現に結びつけることを試みます。

 

sand_clock1 sand_clock2


※「Sand Clock」は、Arduinoとモータードライバを使って、ステッピングモーターの回転をコントロールし、その回転運動を砂鉄の動きとして表現した作品
 
 

また、制作過程における「試行錯誤」にも焦点をあて、プログラミングとその結果を何度も行き来する制作方法を体験します。
Arduinoとモータードライバーとの組み合わせ方法、プログラミングによるステッピングモーターの制御、モーターに取り付ける磁石のレイアウト、磁石と砂鉄の関係等の様々な要素の統合的に扱いながら制作を行います。
適宜、サンプルプログラムを提示し、それを改変させることによって制作を進めるため、電子回路やプログラミングに関する専門的な知識がなくても参加可能です。
Arduinoの使用経験や、プログラミングの経験がある方が望ましいですが、必須ではありません。

 

magnet0.png magnet1.png magnet2.png

sand1.png sand2.png magnet3.png