【「時計」展】ドキュメンテーション: g-i-fの展覧会制作参加


g-i-fは、「時計」interaction design workshop 展 [2011年7月29日(金)から8月6日(土)まで日本大学芸術学部江古田校舎A&Dギャラリーにて開催] に関して、メンバーによる出品だけでなく、企画・広報・展示設営・記録など展覧会制作全般に参加しました。

cdxplusx_g-i-fプロジェクトの成果発表の場として、日藝有志スタッフやゲストアーティストとの共同での制作プロセスとなりました。

準備段階では、展示企画からプレスリリースの作成、会場配布リーフレットの編集、広報活動に大きく関わりました。とくにリーフレットはg-i-fメンバーによる執筆編集で、裏面は全4回のワークショップ記録にもなっています。

実際の会場準備は会期一週間前から開始となり、展示什器などの制作は日藝側cdxplusxメンバーが進め、g-i-fは展示パネルのデータ制作などをオンラインの共同作業を通じて担当しました。開始前日からの設営は、現地入りし、共同での展覧会制作準備の仕上げとなりました。

会期中もオンラインで情報共有を進め、展覧会のアップデートにつとめました。都内在住メンバーは会場に足を運び、記録撮影などを行ないました。twitterなどの活用によるオンライン広報も続け、多くの来場者を迎えることができました。

会期最終日、展示終了後に各作品の撮影作業にも参加し、ドキュメンテーション作業への対応にもあたっています。
ドキュメンテーションとして作品紹介を進めているウェブサイト(http://cdxplusx.jp/)だけではなく、冊子の制作も計画しています。

展示制作への関与は、cdxplusx_g-i-fプロジェクトとして、学生との共同作業も多く含まれ、作品だけではなく展覧会制作自体を実際的に学んでもらえる教育的な側面もみられたことは大きな意味があったように思われます。

【「時計」展】beyond 117 / 金箱淳一

撮影: 萩原健一

時報における音の構成要素を電子デバイスで再現したものです。
117に電話をかけた時、受話器の向こうに何があるのでしょうか。

【「時計」展】目寺言十 / 佐竹裕行

Kids達にとってはおなじみ、懐かしのXWindowの目のヤツ(xeyes)から着想を得た目の時計。
時間とともに表情が変えながら、時を伝えます(犬はおまけです)。

【「時計」展】Sand Clock / 赤羽亨

撮影: 萩原健一

Sand Clock – Orbital
アナログ時計で扱われる円環運動に焦点をあてた作品です。
単純化したモータの円環運動や、それに伴って発せられるモータの動作音など、極端に単純化されたアナログ時計の要素からも、私たちは時計の要素を感じとるのでしょうか?

Sand Clock – Binary
デジタル時計内でのデジタルの信号処理を視覚化した作品です。
もし、On / Offの2値の表現だけで、「時間」や「時計」というコンテクストが立ち現れるとするならば、きっと、そこがデジタルメディアの抽象性について考察する起点となるはずです。

「時計」展

2011年7月29日(金)-8月6日(土)、日本大学芸術学部江古田校舎ギャラリー棟A&Dギャラリーで開催された「時計」interaction design workshop 展に参画しました。
日本大学芸術学部デザイン学科有志教員および学生グループと協同した cdxplusx_g-i-f プロジェクト、ワークショップ成果の発表の場となりました。
g-i-f からの作品出展も行ないました。