【「時計」展】ドキュメンテーション: g-i-fの展覧会制作参加


g-i-fは、「時計」interaction design workshop 展 [2011年7月29日(金)から8月6日(土)まで日本大学芸術学部江古田校舎A&Dギャラリーにて開催] に関して、メンバーによる出品だけでなく、企画・広報・展示設営・記録など展覧会制作全般に参加しました。

cdxplusx_g-i-fプロジェクトの成果発表の場として、日藝有志スタッフやゲストアーティストとの共同での制作プロセスとなりました。

準備段階では、展示企画からプレスリリースの作成、会場配布リーフレットの編集、広報活動に大きく関わりました。とくにリーフレットはg-i-fメンバーによる執筆編集で、裏面は全4回のワークショップ記録にもなっています。

実際の会場準備は会期一週間前から開始となり、展示什器などの制作は日藝側cdxplusxメンバーが進め、g-i-fは展示パネルのデータ制作などをオンラインの共同作業を通じて担当しました。開始前日からの設営は、現地入りし、共同での展覧会制作準備の仕上げとなりました。

会期中もオンラインで情報共有を進め、展覧会のアップデートにつとめました。都内在住メンバーは会場に足を運び、記録撮影などを行ないました。twitterなどの活用によるオンライン広報も続け、多くの来場者を迎えることができました。

会期最終日、展示終了後に各作品の撮影作業にも参加し、ドキュメンテーション作業への対応にもあたっています。
ドキュメンテーションとして作品紹介を進めているウェブサイト(http://cdxplusx.jp/)だけではなく、冊子の制作も計画しています。

展示制作への関与は、cdxplusx_g-i-fプロジェクトとして、学生との共同作業も多く含まれ、作品だけではなく展覧会制作自体を実際的に学んでもらえる教育的な側面もみられたことは大きな意味があったように思われます。